円形脱毛症と腸内環境の関係!自己免疫疾患は免疫の暴走から起こる!

免疫細胞の6割が腸に存在する

円形脱毛症と腸内環境

腸内の善玉菌は免疫力を高める働きをしていますが、免疫力が高くなりすぎると その度合いを調整する働きもしています。

免疫力が高くなりすぎるとどうなるか?というと、過剰な自己防衛が起こります。

たとえば円形脱毛症のように リンパ球が自分の細胞に攻撃をかけてきます。

自己免疫疾患はここに起因しています。

円形脱毛症もアトピー性皮膚炎も、免疫システムが過剰反応して起こる典型例と考えられています。 ※メカニズムの解明はされていませんが、免疫の暴走が原因と考えられています。

免疫力が高すぎるのは 過剰反応で自分自身を傷つけてしまうから、高ければ高いほど良いというわけではありません。

ほどほどでないと免疫の矛先が自分に向かいます。

そして、免疫力の度合いを調整して、その暴走を防いでくれる働きをすると考えられているのが乳酸菌なのです。

免疫細胞の60%以上は腸内に存在します。

それだけ腸は体の免疫システムに大きな影響を与えているのですから、腸活は自己免疫疾患のみならず、育毛的にも健康的にも重要です。
 
 

乳酸菌は免疫力を正常に働かせる

円形脱毛症と腸内環境

乳酸菌は腸内環境を改善してお通じを良くする効果が知られていますが、免疫力を正常に働かせるという秘められた能力も持っています。
 
腸内細菌(腸内フローラ)は腸内で有機酸を産生しています。

有機酸は 酸性の有機物のこと。

ここでいうところの善玉菌は乳酸菌とビフィズス菌ですが、乳酸菌では乳酸、ビフィズス菌は酢酸+乳酸を作ります。※ちなみに、乳酸菌とビフィズス菌は全く違うものです。

腸内で善玉菌が優勢になると有機酸がどんどん作られ、それが腸管を刺激し、ぜん動運動を活発にして良い便をスムースに排泄します。

有機酸で腸内のペーハーが酸性に傾くということは 体に害のある病原菌の増殖を抑えることになりますから、病気になりにくくなる(=免疫力が上がる)というわけです。
 
  
スポンサーリンク



 
 

乳酸菌を含む食べ物

円形脱毛症と腸内環境
 
★ヨーグルト・・・乳酸菌の働きを特化させたものがあるので(高血圧予防やコレステロール値を下げるなど) 自分の欲しい乳酸菌が入っているものを選べば一石二鳥。
★チーズ・・・塩分が多いので、高血圧の人は注意。

★キムチ・・・水キムチがベスト。
★漬け物・・・いちばん乳酸菌が多いのはぬか漬け。

★塩麹
★みそ
★しょうゆ

★アルコール・・・マッコリや乳酸菌発酵のお酒類

乳酸菌と相性が良い食材

円形脱毛症と腸内環境

■ヨーグルト
 └ バナナ・・・乳酸菌のエサになるオリゴ糖がたっぷり
 └ 小松菜・・・ヨーグルトに含まれないビタミンcを補充。
 └ はちみつ・・・オリゴ糖とグルコン酸(整腸作用)のwパワー
 └ にんじん・・・水溶性食物繊維も乳酸菌のエサになる。
 
 
■チーズ
 └ アスパラガス・・・オリゴ糖+アスパラギン酸
 └ さつまいも・・・食物繊維+ビタミンc
 └ トマト・・・乳酸菌+リコピンでがん予防
 └ ブロッコリー・・・ビタミンc
 
 
■キムチ
 └ 納豆×玉ねぎ・・・オリゴ糖+納豆菌で乳酸菌増加が最強!
 └ アボカド・・・コレステロール値を下げる
 └ 豚肉・・・+タンパク質で疲労回復、美肌効果。
 └ 豆腐・・・オリゴ糖+タンパク質。
  IGF-1を増やす組み合わせなので、育毛に最強!
  
 
■漬け物
 └ 豆腐・・・血圧の安定
 └ ホウレンソウ・・・カリウムで塩分排出(茹ですぎ注意)
 └ リンゴ・・・食物繊維+カリウムで塩分排出
 └ 卵・・・+タンパク質で疲労回復効果
 
 
■みそ
 └ キャベツ・・・お腹を守る
 └ 酒かす・・・乳酸菌×乳酸菌で善玉菌の宝庫に。
 └ わかめ・・・水溶性食物繊維が豊富。カリウムで塩分排出
 └ きのこ類・・・水溶性食物繊維。がんの予防に。
 
 
■しょうゆ
 └ オクラ・・・水溶性食物繊維(ペクチン)
 └ ごぼう・・・水溶性・不溶性両方の食物繊維を持つ
 └ アボカド・・・カリウムで塩分排出
 └ ひじき・・・水溶性食物繊維+カルシウム・鉄・ミネラル
 
 
■アルコール
 └ 枝豆・・・水溶性・不溶性食物繊維+ビタミンc
 └ トマト・・・アルコール濃度を下げ、二日酔い予防。
 └ グレープフルーツ・・・ビタミンc。肝臓を助ける効果。
 └ 刺身・・・+タンパク質・酵素で代謝アップ

一般的な乳酸菌は、生きて腸まで届いても、死菌となって腸に到達しても 腸内の善玉菌のエサになりますから、腸内環境を整えてくれる働きは変わりません。