女性の抜け毛の裏に病気が潜んでいることがあります

女性の抜け毛の中には病気が原因で起こっているものもあります。

甲状腺機能の異常

甲状腺は体の新陳代謝を促す「甲状腺ホルモン」を分泌している臓器です。

喉仏の下に、気管を抱くような形でくっついています(蝶が羽を広げているような感じ)

甲状腺ホルモンは全身の新陳代謝を活発にしたり、発育や成長を促しています。

この甲状腺の機能に異常が生じることで、抜け毛を引き起こすことが知られています(バセドウ病や橋本病など)

そして男性よりも女性の方が甲状腺疾患が多いです。

甲状腺疾患による抜け毛であれば、まずは受診して病気の治療が優先となります。

貧血

貧血が著しい場合にも抜け毛が生じます。

自分が貧血だと知らずに過ごしている女性は多いので、定期的な健康診断などはしっかり受けておいた方が良いですね。

髪のためには鉄分が必須なので、受診して治療したり、鉄のサプリメントを医師から勧められる場合もあるようです。
   

薬の副作用

薬の副作用で良く知られているのが抗がん剤によるもの。

その他には痛風、高脂血症、抗うつ剤、向精神薬、てんかんの薬でも抜け毛が起こる場合があります。
 

婦人科系の病気

婦人科系の病気でホルモンのバランスが崩れると抜け毛が生じる場合があります。

婦人科系疾患は珍しいものではないので、こちらも定期的に検診を受けておくのがいいです。

生理不順や無月経、ひどい生理痛や不正出血などを放置するのは 髪のためだけではなく危険です。
 
 
スポンサーリンク