女性の薄毛遺伝子検査キットでFAGA発症の危険度が予測できる!

男性型脱毛症(AGA)は、男性の三人に1人が発症する一般的な脱毛症です。

男性に多いので「男性型」と呼ばれていますが、実は女性にも発症する脱毛症です。

男性に比べると女性は少ないですが、特に珍しくはなく、女性のAGAは FAGA(びまん性脱毛症)と呼ばれます。
 
女性の薄毛遺伝子検査
 
男性型脱毛症(AGA)は原因が男性ホルモンにあり、男性ホルモンの一種が毛髪の成長を妨げることがわかっています。

AGAはなりやすい体質とそうでない体質があることがわかっていて、それは遺伝子検査でわかります。

その体質がある程度は遺伝的に決まっているということですが、ハゲの遺伝子を持っているからといって、全員が必ず発症するわけではありません。

発症するかどうかはストレスや生活環境によるところが大きいのです。

そして、これまで男性の脱毛症と考えられていたAGAが最近では10代後半の若年層や女性にも急増しています。

家族に薄毛の人がいるとか、薄毛や抜け毛が気になっているなら 遺伝子検査を受けてみると その可能性の有無がわかります。

女性版AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キットで、誰にも知られずに自宅で検査を申し込むことができます。

両ほほの内側の粘膜を綿棒でこすり採って、書類とともに送るだけで、2~3週間後に遺伝子の分析結果が送られてきます。

自分がどのタイプの薄毛なのかを知ることは 今後の対処法を選択するうえでも重要です。

もしあなたの薄毛がFAGA(女性のAGA)であれば、医薬品の治療で効果が現れやすいかもしれません。

FAGAではなくて、単なる不摂生や栄養障害による脱毛症であれば、食生活の見直しだけでも薄毛の問題が改善できる可能性が高いです。

どんな対処をしたらいいのかが遺伝子検査によって的確に掴めることは、思い余って行き過ぎた治療に走らなくてもすみます。

そういった意味では、遺伝子検査によって自分の薄毛のタイプを正確に知ることが お悩み解決への早道でもあります。
 
 
人の遺伝子は生涯変わることがないので、いつ遺伝子検査を受けたとしても 年齢に関わらず、同じ結果が受け取れるのです。

家族や周りの人に内緒でも検査を受けられますし、将来的なFAGA発症の危険度を予測できますので、気になる方は遺伝子検査を受けてみるといいかもですよ。