女性の薄毛が治る期間は?ヘアサイクル1~2クール(3~6ヶ月)の様子見でいこう!

女性の薄毛が改善されるまでの期間は3~6ヶ月は必要

女性が自宅で薄毛を治そう!と育毛ケアをがんばった場合、改善するまでどのくらいの期間が必要なのか?

たとえば 今使っている育毛剤をどのくらいの期間 試してみるべきなのかが気になるところではないでしょうか。

一般的には、選んだ育毛剤が自分の頭皮や髪に合っているのか、効果がみられるのかを見極めるには、最低でも3カ月は必要です。

3か月がヘアサイクルでいうところの1クールです。

ヘアサイクルの1~2クール、つまり3~6ヶ月ほど継続して1つの育毛用品を使ってみて 様子を観察するのが良いでしょう。

その理由は、毛髪のヘアサイクルにあります。
 

 
髪の毛の一生は「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」という一定のリズムを繰り返しています。

正常なヘアサイクルであれば、成長期だけでも4~6年。

生えたばかりの髪が成長真っ只中だったり、抜け落ちようとしているのもあり、様々な成長ステージの毛髪が混在しています。
 
そして成長期にある元気な毛髪なら、正しいお手入れが加わることで さらに元気な状態を保てるでしょう。

栄養と血行促進を意識的にプラスする育毛ケアで、髪の成長期間を伸ばすことができれば、髪は太く丈夫になり、強く抜けにくくなり、薄毛進行に歯止めがかかります。

では、退行期から休止期にある毛髪はどうでしょうか。

これらは役目を終え、もうすぐ抜けていこうとしている髪の毛です。

退行期は成長が止まってそこにとどまっているわけですが、その期間は2~3週間といったところで、髪全体の約1パーセントです。

そしてその後に訪れる休止期は数か月…概ね2~4か月で、休止期の髪は全体のおよそ10~15パーセントです。

休止期の髪は抜けようとしていますが、その毛髪の下では新しい毛髪が生える準備をしている段階なので、新しい毛髪が成長を始めることで、古い毛髪は外に押し出されて 抜け落ちていきます。
 
 
スポンサーリンク



 
 

休止期はスランプに近い。これを乗り越えればうまくいく可能性大!

 

女性の薄毛が治る期間
 
髪の成長は、よほど悩みを抱えていない限り 常にまじまじと観察しているわけではないですよね。だからわかっているようで 実際はよくわかっていないと思いませんか?

私は毛髪のことをあれこれ調べてみるまでは、髪に対して いつもいつも休みなく成長を続けている働き者(?)のようなイメージを持っていました。

でも、そうではなくて、実は 毛母細胞の分裂は 次々に起こるわけではないのです。

つまり、細胞分裂には限界があって、一定期間、小休止を入れる必要があるということです。

ずっとがんばってきた毛母細胞を少し休ませる期間こそが「休止期」

抜け毛が多いということは、つまり髪の成長期が短くなり休止期が長い、ということ。

そして休止期の時こそ頭皮のコンディションを整えて、成長期を長くする手助けをしてあげることが、休止期後の健やかな髪の成長の助けになります。

成長期にフルにがんばるばかりでは 次世代を担う健やかな髪は生まれてきません。

だからこの休止期こそ 頭皮が充電して力を蓄える大切な時。

充電期間のこの時期にどんなにお手入れをがんばり始めたとしても、劇的に速効で効果が見えることはない…これが 育毛に効果を感じるまでに時間がかかる理由です。

ちょっとスランプに似ていますね^^

私たちにはわかりづらいですが、水面下でがんばっている毛母細胞の存在。

その細胞を活性化する時期を経て 新しい髪の毛が作られるのに数か月必要なのです。

それが自宅ケアを実感するまでに必要な時間であって、そのために最低でも3~6か月かかる…これが育毛ケアが長期戦になる根拠です。

とにかく焦りは禁物!自宅ケアの効果を実感できるのは早くても3ヵ月後

女性の薄毛が治る期間

自宅ケアの期間にはヘアサイクルや体質などの個人差がありますから、育毛ケアを始めてすぐに効果を実感する方もいるかもしれませんが、それでも早くて3ヶ月はかかります。

ほとんどの方は3ヶ月以上は継続して観察していかないと、わかりづらいものです。

だから、「これ!」と決めたシャンプーなり育毛剤なりを 最低3ヶ月は浮気しないで継続してつきあってみることは大切です。

それでも効果を感じられないのなら、違うものに乗り換えるのが良いです。

1~2か月でやめてしまうのでは、効果の有無がわからないので、いちばんもったいないやり方です。

薄毛になった背景には、確実にヘアサイクルに乱れが生じています。

頭皮トラブルが起こっているのを正常に戻すのは、普通に考えてもたいへんなことですので「短気は損気」

薄毛になっても毛根が死んでいることは少ないので、毛母細胞を活性化させることができれば 髪の毛は再び生えてきます。

そのためには、食生活に気をつけながら、頭皮の血行を促して毛乳頭に栄養を与えてあげる自宅ケアを気負わず継続していきましょう。
 
 
スポンサーリンク