頭皮のオイルパックで育毛ケア!脂を油で制すおすすめオイル3選

オイルパックとは?

頭皮のオイルパック育毛

オイルパックは、その名の通り、オイルで頭皮をパックすることです。

オイルが髪にも浸透するので、髪がサラサラツヤツヤになり 一石二鳥です。

脂性頭皮でない方(毛穴づまり度があまりヘビーでない)なら、オイルパックだけでも頭皮の毛穴は十分きれいになります。

オイリー肌にオイル・・・(@_@;)と思われるかもしれませんが、脂は油で制するのが正解ですので、ぜひ一度やってみてください。

オイルパックは毎日やる必要はなく、数日に1回、臨機応変にやってみればいいのです。

オイルパックによる頭皮クレンジングのやり方

頭皮のオイルパック育毛 1オイルを 乾いた頭皮にまんべんなく塗布する。
オイルの量はお好みですが、大体ティースプーン1~2杯くらい。
指先でつけてもいいし、100均で売ってるつる首ボトルも塗布しやすいですよ。

2指の腹で円を描くように、オイルを毛穴に揉み込み、軽くマッサージ。
頭皮をほぐすことで、毛穴の汚れが出てきます。

3髪にもオイルをのばす。

4オイルが全体に行き渡ったら、蒸しタオルを頭にまいて、シャワーキャップをかぶる。

520分くらいそのまま置く。その間、湯船につかっていれば、毛穴が開いて一石二鳥。

6オイルを洗い流してから、通常通りのシャンプーをする。
 

FAGA(女性の男性型脱毛症)の頭皮には炎症が多い

頭皮のオイルパック育毛
毛穴づまりは頭皮ニキビを呼びます。

ニキビは皮脂が詰まった毛穴で増殖したアクネ菌が炎症を起こすことで発症します。

男性ホルモンの分泌が増えてくる思春期には、ニキビは顔にできますが、あまり頭にはできることがありません。

これはなぜかというと、太い毛がある部分にはニキビができづらいからです。

毛が伸びると同時に皮脂も毛穴の外へ押し出されるため、ニキビはほとんどできません。

ところが髪が細く弱体化してくると、毛が伸びても皮脂が毛穴の外へ押し出されづらいのでニキビが出やすくなってくるわけです。

さらにFAGAの女性の頭皮には頭皮ニキビや毛穴の炎症が多く見受けられるということです。

髪がやせ細ったり伸びが悪いと、毛穴の詰まりや炎症が起こりやすくなってくるからでしょう。

毛穴の炎症が起こると毛根の血管が傷つきますが、そうなると、その部分に成長因子が生まれづらくなり、ますます抜け毛につながりやすい悪循環を繰り返します。

ですから毛穴を詰まらせないことは最重要課題です。

皮脂の詰まりももちろんですが、シリコン入りのシャンプーも同じような状況を生みます(シリコンが毛穴をふさいでしまうので) 

頭皮や毛根のためには シャンプーはノンシリコンタイプにこだわった方がよいです。
 
 
スポンサーリンク



 
 

オイルパックにおすすめのオイル3選

頭皮のオイルパック育毛

エミューオイル

エミューオイルは海外では自己免疫性疾患の脱毛症の臨床例もありますし、髪と皮膚の成長を刺激し、休眠中の毛髪細胞の8割を活性化したという研究結果もあるほど育毛向きなオイルです。

さらに馬油や椿油よりもヒトの皮膚に対する親和性がダントツに優れています。

エミューオイルで美髪と育毛!馬油や椿油を超えるパワーを活かそう!

どんなに良質なオイルでも、ヒトの皮脂成分に近くないと、オイルが浸透しづらいのですが、エミューオイルは頭皮にしっかり浸透しますので、エミューオイルはスカルプケアにおすすめです。

 


ホホバオイル

ホホバオイルは異物の侵入を防ぐ皮膚のバリア機能を回復させる作用があるので、ニキビやアトピー肌のスキンケアに理想的なオイルと言われています。

個人的にはホホバオイル大好きで、昔、飼っていたゴールデン・レトリーバーのシャンプーもホホバオイルのものを愛用してました(他のシャンプーとはツヤや手触りが全然違いました)

ホホバは認知度・実力共に優れたオイルです。

NATURAL ORCHESTRAの「オーガニックホホバオイル」は、ECOCERT(世界最高権威フランス有機認証機関)、COSMOS(ヨーロッパ統合有機認証機関)、2機関のオーガニック認定を受けた日本で唯一の高品質オーガニックホホバオイルです。
 


 

アルガンオイル

 
優れたオイルといえば、最近大人気のアルガンオイル。

アルガンオイルの特徴はビタミンE(トコフェロール)が豊富に含まれています。

その量はオリーブオイルの約2~3倍!

また、その他のオイルに比べると活性酸素を除去する作用が強いので、アンチエイジング効果が高いことでも知られています。

アルガンオイルはいろいろなものがありますが、中でもコディナのアルガンオイルは100%未精製で大変人気があります。