宇津木式湯シャンでシャンプーに戻りたくなったときの対処法

宇津木式湯シャンに切り替えたばかりの時は「シャンプーで洗いたい」という衝動に何度もかられますよね。

今回は、どうしても水以外で洗いたくなった時の対処法です。
 

どうしてもシャンプーを使いたくなったら、純石けん+クエン酸

シャンプーが恋しくなったときは、シャンプーの代わりに純石けんとクエン酸を使って洗ってください。

純石けんは植物性油脂や動物性油脂を苛性ソーダと合わせて界面活性作用を持たせたもの。

洗浄力が強いのですが、化学物質を含んでいないので毒性が少なく、シャンプーよりも安全です。

石けん洗髪はかなりきしみがありますので、クエン酸でリンスをします。

クエン酸は薬局などで売られています。

純石けんはアルカリ性なので、クエン酸の酸性を使うことで中和できます。
 

クエン酸リンスのつくり方

洗面器1杯のぬるま湯に、小さじ1/2杯のクエン酸を入れて、良くかき混ぜる。
※クエン酸の分量はアバウトで大丈夫です。なめても酸っぱくない、ごく薄い濃度を目安に。

クエン酸のリンスを髪に行き渡らせたら、すぐに洗い流します。
クエン酸にふれると一瞬で中和されるので、時間をおかずに、すぐ流してしまってOKです。

クエン酸が肌につくとトラブルが起こる場合もありますので、しっかりとすすいでください。

 

湯シャンでどうしてもべたつきが気になるなら

水洗髪(湯シャン)に切り替えて一番初めに直面する悩みがべたつきです。

どうしてもべたつきが気になるなら、思い切ってお湯の温度を上げてみるといいです。

ただし、シャンプーを使わないこと。そして少し熱めのお湯で洗ってください。

本当の意味でべたつきから解放されるには、シャンプーをきっぱりやめるしか手がないので、皮脂に悩む方こそ ここはふんばりどころです。

ニオイが気になる時は

ニオイは水洗髪で何とかなる場合が多いのですが、それでも気になる場合はお湯で洗います。

まだ気になるなら純石けん+クエン酸で洗うのがいいです。
 

フケが気になるなら

実は頭皮が砂漠化して、頭皮環境が悪化しすぎると、フケが出てこなくなります。

これは実は喜んではいられない状態で、フケを作る力もないほど、頭皮が弱っている証拠です。

シャンプーが原因で頭皮が荒れてしまい フケが出なくなった場合は、水洗髪に切り替えると 再びフケが出るようになります。

それはめんげん(好転反応)のひとつで 頭皮が健康になった証拠です。

それをわかっていても、やはりフケは気になりますよね。

どうしても気になって仕方がないのなら、頭皮の表面に薄くワセリンをぬると良いです。

ワセリンは皮膚の中に入っていくことがなく、酸化しにくく、多少頭皮に残っていても害がありません。

ワセリンを水洗髪では落とせませんが、3~4日すると新陳代謝で 垢と共に落ちてきます。

この方法は冠婚葬祭などで黒服を着る時にフケは避けたい!という場合にだけ使うといいということです。

ワセリンが安全と言えども 常に頭皮につけているのはよくありません。

古い角質が落ちづらく新しい細胞が生まれづらくなり、頭皮が薄くなってきますので、ほどほどにしてください。
 
すっぴん地肌