湯シャンのメリットデメリット!湯シャンが体にやさしい2つの理由

最近、実践している方が多い「湯シャン」はシャンプーを使わずにお湯だけで洗髪する方法です。

洗浄剤を使わないので「きれいにならない」「ニオイが気になりそう」というマイナスイメージが強いようですが、実際は逆。

湯シャンはフケにもニオイにも脂にもプラス効果がたくさんあります。
 

湯シャンなら皮膚の常在菌を殺さない

湯シャンが良いといわれる理由のひとつは、皮膚に棲みついている良い常在菌を抹殺しないことです。

「菌」というとあまり良いイメージがないかもしれませんが、身体に棲みついている菌は悪いものばかりではなく、皮膚を守ってくれているものも数多くいます。

そもそも菌たちがお肌に棲んでいるのも役割を持っているからです。

人と仲良く共生している菌は、悪い菌の体への侵入を防いでくれている、いわば「人体防衛軍」の一員。

ニキビの元であるアクネ菌でさえ、ちゃんとヒトのために働いています。

アクネ菌は酸性物質を作って、ブドウ球菌や大腸菌・緑膿菌などの怖い細菌を殺したり抑え込んだりしてくれています。

だからニキビ!?と目くじらを立ててしまう「アクネ菌」でさえ、実は皮膚の健康にはなくてはならない存在です。

こういう体を守っている菌たちを根こそぎ殺してしまうのが「界面活性剤」・・・シャンプーも石鹸も界面活性剤を使っているものが多いです。

これらは皮膚に直接つけるものであるにもかかわらず、洗浄力と殺菌力を持ってます。

皮膚についた汚れだけを洗い流してくれればいいのに、私たちを助けてくれている常在菌も抹殺してるわけで、そう考えると、ちょっと複雑な思いがしませんか?
 
菌は悪者!菌は汚いもの!ではなくて、誰の体でも悪玉菌と善玉菌が共存してバランスを保ちながら、裏でわたし達を支えてくれているのです。

からだに棲みつく常在菌と仲よくするには 界面活性剤で根こそぎ洗いきってしまわないことが大事です。
 
 
スポンサーリンク



 
 

界面活性剤を含んだ洗浄剤を使うと肌や髪が傷んでくる

シャンプーに限らず 界面活性剤を含んだ洗浄剤を使うとお肌や髪が傷んできます。

潤いまで全部取ってしまうので、なかなか皮脂膜が作られず、常在菌が増えていかなくなります。

すると頭皮が乾燥し、フケが出て、そのフケをエサに増殖する雑菌がどんどん増え、ニオイが発生する。

⇒それから逃れようとして、また脱脂力と殺菌力の強いシャンプーで一生懸命ごしごし洗う・・・・と、延々この悪循環が続き、いつまでたっても不快感にピリオドが打たれません。

シャンプーで髪を洗ってニオイが出るって・・・逆じゃないの!?と思いますよね。

ニオわせないためにきれいに洗ってるんじゃないの!?と。

でも、常識と思ってることが常識ではないんです。

そういう観点から、湯シャンが体に優しくて健康的なことがわかりますよね。

シャンプーの爽快感を知っているから、湯シャンはなかなかとっつきづらいのも事実なのですが、脂・フケ・臭いなどの問題を抱えた方は、がんばって湯シャンをやってみるかいはありますよ。

ただし、湯シャンには気をつけなければいけない、こんなデメリットもあります。
 
 
 

湯シャンを成功させるコツはいくつかありますが、そのひとつが湯シャン向きのシャワーヘッドに変えることです。

シャワーヘッド美髪はミックスジェット対流のシャワーが汚れをしっかり浮かせて洗い流すので、ノープーだと感じないほど爽快感が抜群です。