湯シャン体験成功談!髪にコシが出てボリュームアップに成功した話

ベストセラーになった「シャンプーをやめると、髪が増える」

 

 
これは2013年8月に発行されたものですが、今でもamazonランキングが高く、人気が衰えていません。

でも、この本を手に取った人は「ホントにそれだけで髪が増えるのか!?」と半信半疑だったと思います。

結論から言うと、これはホントです。

特に、頭皮が弱っている方にはおすすめの方法です。

効果に個人差はありますが、私には効果がある方法でした。

湯シャンになかなか踏み切れずの4ヶ月

この本を読んで「なるほど!」と思った私は「頭皮のために宇津木式湯シャンやってみよう!」と決めたものの、初めはなかなか脱シャンプーに踏み切る気持ちが起こらなくて、始めるまで時間がかかりました。

思い腰を上げるまで 大体4か月くらい・・・。

この本を手に取ったのが発売直後の8月でたくさん汗をかく時期だったので、なおさらシャンプーを使わないことに抵抗があったんですね。

そして思い切って湯シャンを始めたのがその年の12月です。

お湯だけで洗うことに慣れるまでは、頭皮と髪の脂分をしっかりと取り除かないことに かなりの抵抗を感じるだろうな。だから始めるなら 涼しくなってからでないとだめかも・・・と思ったんですね。

今振り返ってみると、湯シャン自体には1か月ほどで慣れましたが、頭皮の脂の分泌が少なくなってきたなと感じるまでは2か月ほどかかりました。

最初の1ヶ月はお湯だけの洗髪には耐えられなくて、週に1~2回ほどは純石鹸とクエン酸を使っていました。

2ヶ月目に入ってからはシャワーヘッドを替えたので 洗い上がりがよりすっきりするようになりました。

今ならシャワーヘッド美髪のような湯シャン向きのシャワーヘッドがありますが、4年前にはそういうものがなかったので、できるだけ高い水圧が得られる勢いの良いシャワーヘッドに交換したのですが、今思うと、それが湯シャンが成功したいちばんの秘訣だったと思いますね。

水圧って大事!汚れ落ちがまるで変わりますから。
 
 


 
 

4ヶ月続けてみて湯シャンの効果を感じ始めた!

湯シャン体験談

そして髪のコシを感じ始めたのが、大体4か月くらいしてからですね。

鏡に向かったときに分け目をじーっと凝視したら、3~4センチくらいの短い毛が たくさん立ちあがってるのが見えて。

へ!?と思って、思わず二度見すると、やっぱり今までとは違う立ち上がり方をしているし、3センチくらいの生え際の髪が立ち上がってるのがわかりました。

「髪が増える」というよりも、髪が少し太く丈夫になった感覚を、私の場合は感じました。
 
 
現実問題として。

髪が増えたの減ったのって、厳密に数値化できるわけではないですよね。

だから確実に増えたかどうかは断言できないですし、あくまでも自分または第三者による主観によるところが大きいでしょう。

ですが、3~4センチの髪というのは、湯シャンを始めた時期とぴったり合致しているわけです。

そのため「もしかしたらこのしっかりした髪の発毛と、いくぶん感じるコシは、湯シャンの産物なのではないか」と思ったのです。

あと感じたのは、やはり頭皮の皮脂の分泌量は明らかに減ったなということです。

最初の1か月は髪についた脂分の固まる感触が、たまらなくイヤだった(爆)

それまで強烈なシャンプーで脂分まで洗いざらいにしたさらさら感に慣れきっていましたから「脂分が固まる感触」と書きましたが、実際はそんなのはそれほどひどいものではないはずなんです。

頭皮から出る皮脂は本来 皮膚と髪を守るための潤いのクリームなのですから、根こそぎ落としてしまうことの方が危険なのですが、髪や頭皮のトラブルに見舞われないと、そういう事実にも気づくことがないんです。

湯シャンを続けていくうちに、次第にその事実を体感することができたのも、湯シャンに切り替えて得た大きなメリットでしたね。

1ヶ月目に感じた皮脂のいやな感覚は、2か月、3か月と過ぎていくごとに、少なくなっていきました。

というより、それは自分で自覚できるほど皮脂量が減ったということです。

そしてそこではじめて 「あ、これが皮脂腺が縮むということか!」と腑に落ちました。

その結果、細くなりかけていた髪が本来のコシと強さを取り戻し、髪の本数が増えるというよりも、全体のボリュームがアップすることに繋がったのです。

 

これから湯シャンを始める方へのアドバイス

湯シャンを始めようと思ってる方は、連休の時に、特にお出かけの予定がないのなら、試しにやってみるといいですよ。

連休中の出かける予定がないときであれば人目も気になりませんし、ノープーに慣れるまでの抵抗をちょっと抑えられると思いますよ。

皮脂腺を縮ませて、オイリースキンをノーマルスキンに近づけたい!と強く思っているなら、本当に湯シャンは効果があります。

汗ばむ季節にはずっと湯シャンを続けるのは無理!という方は、お休み前とか時間に余裕がある時だけやってみるというのもいいと思います。

普通のシャンプーと湯シャンをローテーションでやりながら、馴れていくのもひとつの手です。

細々とでもシャンプーから離れる努力を続けていれば、湯シャンが完璧でなくても頭皮は大喜びするはずです。

ただし、その時点で使うシャンプーは 必ずアミノ酸系ノンシリコンシャンプーにしましょう。

湯シャンをやると決めたなら、ほんとは気合いを入れて100%湯シャンがベストなんですが、それは建て前です。そこにこだわっていたら ぶっちゃけとても続かないですよ。

それよりも少しずつでも湯シャンになれることが大切なので、3回に1回を湯シャンにするとか、続けられる範囲でやってみるのがいいと思います。

「髪も地肌も本当は一切の刺激物を使わないで、お湯だけで洗ってほしいと思ってるのではなかろーか!?」これが湯シャンをやってみた私の正直な感想です。

最近はノーシャンプーがかなり普及してきて、有名芸能人もノープーを実践していることを公表したり

ノーシャンプー!ミランダ・カー タモリ 福山雅治も湯シャン実践中

シャンプーを使わずに髪を洗い上げるノープー製品がたくさん出てきていますので、そういう商品を使ってみるのも、湯シャン生活を快適に過ごすコツですよね。

なので、がんばる必要はまったくありません。

自分に合ったものを探して、いつも自分が気分よく実践できるようにすることがいちばん大切です。

すっぴん地肌
 
 

今の私は100パーセントの湯シャンはやっていません

私も思いきり汗をかいた日はアミノ酸系シャンプーを使っちゃいますよ。

だって、ベタベタするのを落としたいし、すっきりしたいですしね。

暑い季節は、シャンプーの爽快感は必要です!だから今は100%湯シャンはやっていません。

その代わりシャンプーは上質のものを使うことにはこだわっています。

我が家で家族みんなで愛用しているのは haru黒髪スカルプ・プロ シャンプーです。

haru黒髪スカルププロ

抜け毛と白髪をこれ一本でケアできるので、まさしく一石二鳥です。